《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。

 

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。

 



- 注目サイト -

フコイダンはこちらへ
URL:http://lmf-assoc.jp/
フコイダンナビ


《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:21-5-08

本日、あたしが住んでいる上野は雨です。

雨の日もあれば、雨の日もあり、雨の日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
雨の日もあれば雨の日もあります。

やる気いっぱいに
「減量するぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいに減量を続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に悪天候が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「体操をサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなあたしなんかどうせ減量できない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「あたしなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「あたしなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも雨の日もあれば雨の日もあります。
そういうものなんです。

悪天候の日には傘を差して悪天候をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少減量をお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
減量は必ず成功します。