《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 



《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:21-4-24

減量をする時に気をつけるべきこととして、
食べる事とトレーニングがありますよね。

ところでこの食べる事と食べる事について、
みなさんは、
行うべき順番があるというのをご存知でしょうか?

トレーニングは、食べる事をしてから
しばらく経過をした時に行うのが良いと言われています。

食べる事をしてから十分な時間をとれば、
体の中に食料はなくなります。

すると、
トレーニングをする時に使われるエネルギーは
純粋に体の中にすでに蓄えられている
脂肪や糖分をエネルギー源として使います。

ところが…
食べる事をした直後にトレーニングをしたとします。

すると、
今体の中に取り入れた食べる事のエネルギーを
燃料のもとにしようとします。

減量は
体の中にたまっている余分な栄養分を
いかに使うかにかかっています。

ですから、
今摂取したものを使っては、
減量の効果が半減してしまうわけです。

よく9時早くに
ジョギングをしている方がいらっしゃいます。

あれって、減量の面から見ると、
非常に効率的な方法だと言えるんですね!

というのも、!--時間朝-->起きてトレーニングするということは、
体の中に食べ物がないはずです。

なので、確実に、
すでに体の中に貯蔵をされているものが
エネルギー源として使われるんですよね。

食べる事をしてからしばらく経過した時に
トレーニングをするのは、望ましいことです。

しかし、
水分も一切摂取しないというのはかえって危険ですから、
控えるようにしましょう。

私たちの体の大半は、水分で構成されています。

ですから極度に水分を失うということは、
生命の危機に発展しかねないのです。